リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想
リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想 > 酸化と糖化 > お肌の酸化を防ぐ為の生活習慣を考えてみましょう。

お肌の酸化を防ぐ為の生活習慣を考えてみましょう。

Pocket

Pocket

お肌の酸化の原因が何となく分かってきたところで、今度は、お肌の酸化を防ぐ為の生活習慣を考えてみましょう。

 

お肌の酸化を防ぐための5つの生活習慣

 

紫外線対策

お肌の酸化を防ぐ上で一番大切な対策は、紫外線対策です。

紫外線は、活性酸素を大量に発生させて、お肌を酸化させてしまうので、是が非でも避けなければなりません。

サンスクリーン剤等の日焼け止めクリームをシッカリと塗った上で、日傘や帽子で身を守って下さい。

 

生活に有酸素運動を取り入れる

酸化を避けるための運動としては、エアロビクスや水泳などの有酸素運動がオススメです。

なぜなら、有酸素運動は抗酸化酵素を増やすからです。軽い体操、ストレッチやウォーキングでも十分なので、できる範囲で継続することを心がけましょう。

 

充分な睡眠を確保する

睡眠中は多くのエネルギーを消費しないので、その分活性酸素も減少します。夜更かしをしていつ迄も起きていると、エネルギーの消費が増え、それが活性酸素の増加に繋がります。

 

アルコールの過剰摂取を避ける

避けは百薬の長と言われるように適度な飲酒は、活性酸素を減少させ、健康的ですが、過度の飲酒は、肝臓でアルコールの代謝時にエネルギーを消耗し、それが活性酸素の増加に繋がります。

 

食物繊維、発酵食品、乳酸菌など腸内環境を整える食品を積極的に摂取する

腸内環境が乱れると便秘や下痢を起こす為に腸内細菌叢が乱れ、腸内環境が悪玉菌優位となってしまい、腸内で活性酸素が増加してしまいます。

そうなると、自律神経の働きが低下するので、皮膚の血行が悪くなってしまいます。

それと同時に、腸から発生した毒素が全身に回ってお肌にダメージを与えます。

そういった状況に陥らない為にも、食物繊維、発酵食品、乳酸菌など腸内環境を整える食品を積極的に摂る様に心掛けましょう。

小見出しおすすめ関連ページ
スキンケアだけでは足りません!美肌の根本ケアを目指すなら、毎日の食事も気をつけて。

 

 

お肌の酸化を防ぐのに、是非とも摂りたい食べものって何?

 

お肌の酸化を防ごうと思ったら、やっぱりお肌の酸化を防いでくれるような食べものを摂取して、身体の中から、酸化防止パワーを育てる必要があるのではないでしょうか。

 

元々私たちの体には抗酸化力が備わっています。スカベンジャーがそれですが、活性酸素と結びついて、それを無毒化します。主なスカベンジャーは、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)、グルタチオン、カタラーゼ、ペルオキシターゼ等です。

 

抗酸化物質としてその他には、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カテキン、ポリフェノール、コエンザイムQ10も有名ですね。

 

でも、私たちの体内で、そういったスカベンジャーをつくる力は、残念ながら多くの女性がエイジングケアを意識し始める30代半ば~40歳位の時期にピークを迎えて、年を重ねていくにつれて、ドンドンと低下してしまいます。

 

ピークを過ぎてしまっているのであれば、スカベンジャー生成力は、低下してしまっているのですから、食事で抗酸化成分を摂り、抗酸化力を高めることに何の迷いがあると言うのでしょう。直ぐにでも、抗酸化力を高める食事を実践しましょう。

そこで、このページではお肌の酸化を防いでくれる抗酸化力を高める食べものにフォーカスします。

 

抗酸化力が高いことで有名になった「緑黄色野菜」

身近な緑黄色野菜等から摂取できるスカベンジャーとしては、緑黄色と言えば…と最初に浮かぶβ‐カロテン(ビタミンA)、すっかり有名になったトマトのリコピンなどのカロテノイド、ビタミンC、ビタミンE、ワイン・ココア等に含まれるポリフェノール等が有ります。

ポリフェノールと言えば、お茶のカテキンや胡麻のゴマリグナンも、その仲間です。案外、いつも摂取している食べものに含まれていますね。その他、果物、海藻、茸、豆、種子、スパイス等、偏らずに様々な抗酸化成分を日常的に摂取して、抗酸化力を高めておきましょう。

 

食物繊維が多い食べものや発酵食品

腸内環境を整え、活性酸素を発生させない対策として、食物繊維が多い食べものや発酵食品を摂る事は、大いに役立ちます。

食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類があり、水分に溶けてゲル化し、食べものを包み込むのが、水溶性食物繊維で、主なところでは、牛蒡、大蒜、柚子、金柑、アボカド、オクラ、薩摩芋、ゆりね、納豆等があります。

 

水に溶け難い為に嵩を増して便意を促し、有害物質を排出させるのが不溶性食物繊維で、主なところでは、豆類とその加工品の納豆やおから、紫蘇、栗、パセリ、とんぶり、エリンギなどがあります。

発酵食品としては、漬物類、納豆、ヨーグルト等が挙げられます。