リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想
リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想 > 酸化と糖化 > 酸化によるお肌への影響は、シミ、皺、ソバカス、くすみ、トラブル全部!

酸化によるお肌への影響は、シミ、皺、ソバカス、くすみ、トラブル全部!

Pocket

Pocket

活性酸素がお肌を酸化させるイメージは掴んで頂けていると思いますが、酸化が実際のところ、お肌に与える影響はどういったものがあるのでしょうか?

 

 

そもそも活性酸素を作ってしまう原因とは?

 

切ったリンゴが赤茶けてくるように、ピッカピカだった鉄が、やがて錆びてくるように、私たちの肌も酸化すると錆びてしまいます。

肌を直撃して活性酸素を大量発生させ、酸化させてしまう一番怖いのは紫外線、お日様の光です。

 

紫外線が引き起こす酸化作用は何らかの形で防御しないと真皮層の中にまで到達して破壊活動を行います。

紫外線による酸化破壊は驚く程の速さで進みます。太陽は私たちに無償で無限のエネルギーを与えてくれていますが、同時に、活性酸素も作り出します。

 

紫外線がお肌に当たると、活性酸素が発生するのは、紫外線がお肌に当たると、身体の防御反応が起こるからです。

防御反応で活性酸素が発生します。この活性酸素がコラーゲンやエラスチン等を変質させ、その結果、肌の弾力が奪われて、皺が現れ易くなります。

更に、紫外線の刺激で生成されたメラニン色素を酸化してしまうので、シミやソバカスができたり、くすみの原因になったりします。

それどころか、強い紫外線を浴び続けると、酸化力が非常に強い活性酸素を発生させて、皮膚癌を引き起こす事もあります。

 

この強力な紫外線の前では、私たちの体内の抗酸化力はあまりにも無力です。

殆ど無抵抗状態になってしまいます。

ですから、紫外線は取り敢えず避けること、防御すること、これ以上の手立てはありません。

 

酸化と言えば、お化粧をした状態で長時間いると、お肌の上の皮脂やファンデーションに含まれる脂分が酸化して、ニキビや吹き出物の原因となる過酸化脂質が増えてしまいます。

 

皮脂そのものは皮膚を保護する役割もあり、必要なものです。でも脂分は酸化しやすいので要注意です。キチンと洗顔をして、酸化を防止しなければ美肌が損なわれてしまいます。

小見出しおすすめ関連ページ
肌トラブルに勝つ!50代からの洗顔、おすすめランキング>>>

 

 

やっぱり活性酸素が実行犯?お肌が酸化してしまう原因を深掘り!

 

今一度、お肌が酸化する原因を確認していきましょう。

お肌の細胞の酸化とは、鉄の錆と結局は同じ様なものですね。

私たちは呼吸して酸素を取り入れていますが、その中の2%程が活性酸素になってしまいます。

前にも申し上げましたように、活性酸素は100%悪者というワケではなく、ウイルスや細菌を退治してくれます。

但し、増え過ぎたら暴走して、健康な細胞や遺伝子まで酸化させてしまいます。

 

活性酸素がお肌の細胞に触れると、細胞膜の脂質が酸化してしまいます。

酸化してしまうと細胞で栄養分の取り込みや老廃物の排出に支障が生じ、それが原因で老化が進み、肌の弾力が失われ、皺が生じやすくなります。

皮膚は、細胞や真皮にあって細胞と細胞を繋ぐ繊維のコラーゲンや、コラーゲンにくっついて弾力発揮するエラスチンなどの物質で出来ていますが、このコラーゲンやエスラチンは年と共に変化し、弾力を保つことが出来なくなっていきます。

 

その変化を加速するのが活性酸素で、コラーゲンやエスラチンに影響を与えて、正常に機能させません。

コラーゲンやエラスチンの働きの低下で、ハリが失われ、支えきれなくなるので、皺やたるみ等のエイジング・シグナルとなって現れます。

 

紫外線の影響で大量の活性酸素が発生するのですが、酸化されまいと肌の防御反応としてメラニンが大量に生成されます。このメラニンがキャパシティーを超えると、ターンオーバー時の代謝が追いつないので、シミの発生に繋がります。

 

若いと、抗酸化酵素の働きで防ぐことができる活性酸素も、年齢を重ねていくにつれて、防衛力が低下する為に、錆びやすく老化しやすい肌になっていってしまいます。

 

私たちの肌から出る脂質は、活性酸素により過酸化脂質に変化してします。この過酸化脂質は皺、たるみ、シミ、そばかす等の原因になると同時に、ニキビや吹き出物の原因にもなります。

大人ニキビの原因の1つが肌の酸化です。

つまり活性酸素がお肌の細胞に触れる事が原因でお肌は酸化してしまうのです。