リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想
リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想 > 酸化と糖化 > 身体に悪い事は知っていますが、活性酸素って一体何でしたっけ?

身体に悪い事は知っていますが、活性酸素って一体何でしたっけ?

Pocket

Pocket

活性酸素って身体に悪いし、お肌にも悪いとよく聞きますが、そもそも、活性酸素って何でしょうか?

あまりにも漠然としていて良く分かりませんね。つかみどころも無くて…。

 

老化促進、大病になる可能性も!増えると怖い活性酸素

 

先ずは、活性酸素が一体何者なのか、どんな影響があるのかを再確認しましょう。

活性酸素とは、物質を酸化させる力が非常に強い酸素です。

 

酸化させる…イマイチ、イメージが湧かない皆さんに、酸化のイメージを描いて頂く為に、切ったリンゴを例に取りましょう。

切ったリンゴは置いておくと、表面が忽ち赤茶けてきますね。

あの切ったリンゴの表面と同じ事が、皆さんの身体で起こると言えばお分かり頂けるでしょうか?

或いは、最初はピカピカの鉄がやがて錆びてくるというのも分かりやすい例ですね。その鉄と同様に身体も酸化すると錆びてしまいます。

 

私たち人間は呼吸する事で、毎日500リットル以上の酸素を身体に取り入れています。

その内の2%程が活性酸素になります。でも、活性酸素が全くの悪者だと言うのは嘘です。

殺菌力が強い活性酸素は、細菌やウイルスを退治してくれます。

 

ところが必要以上に活性酸素が増え過ぎると、健康な細胞や遺伝子まで酸化してしまい、それが老化の引き金になります。

巷の老化研究の専門家たちも口を揃えて「酸化即ち老化」と言うので、活性酸素から身を守らなければならないという事は、最早、常識となりました。

 

呼吸した息の中の2%程だけが活性酸素になるのであれば、それ程の脅威ではないと思われますが、実は、紫外線、大気汚染、農薬、化学物質、電磁波、殺虫剤、煙草、過度の飲酒、ストレス等、様々な事が原因で、体内の活性酸素が増えることが明らかになってきました。

 

活性酸素による身体の酸化は肌のシミや皺などの老化現象から、アトピー性皮膚炎、関節リウマチ、白内障、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、胃潰瘍、肺炎、癌、脳血管性痴呆症、アルツハイマー型痴呆症等の深刻な病を招きかねません。

 

小見出しおすすめ関連ページ
更年期に入る40代、50代の女性の肌には何が起きている?


 

 

避けられるものなら避けたい、活性酸素の発生原因とは?

 

活性酸素のイメージは具体的に掴んで頂けた事と思います。やっぱり、活性酸素からは身を守りたいですね。

でも…その活性酸素が発生する原因が分からないと、防ぎようもありませんね。

先ほど吸った息の2%、そして紫外線、大気汚染、電磁波、煙草、過度の飲酒、ストレス等、様々な原因で体内に活性酸素が発生するという事をお話しましたが、他にも激しい運動をしても活性酸素が一気に発生して増えます。

 

普通の息で2%程なのが、激しい運動をすると、5~8%に上昇してしまうワケです。又、筋肉の酸素消費量が増えると活性酸素も増し、細胞にダメージを与えてしまいます。40歳を超えると身体の抗酸化作用が衰えるので、激しい運動は避けるべきだと言われています。

 

前述の大気汚染と重なるかもしれませんが、排気ガスもそうですし、殺虫剤や農薬等を含む化学薬品も危険です。

農薬は吸い込んでしまう場合もありますが、それ以外に、食品の残留農薬が口から入り込むケースも多く、活性酸素が増加します。ハウスダストも原因です。

 

又、世界中でも自慢できる日本の水道水ですが、水道水を作る際の浄化処理過程で塩素処理されている為にトリハロメタンが発生している筈です。

このトリハロメタンは活性酸素を発生するばかりでなく、発癌性物質と言われています。

 

一生飲み続けても問題はないとは言われていますが、出来れば家庭用の浄化装置等で取り除いて飲む方が安心です。

 

他に原因となるモノとしては、加工食品、食品添加物、X線(レントゲン)、医薬品も含まれています。

いつも食べているアレに原因があるのかもしれないと思うと、今後は、購入前の添加物チェック等にも、もう少し慎重になれますね。

 

X線(レントゲン)は健康診断時、或いは腰痛や膝痛で医者に掛かると、最初に大抵撮影されますね。

診断上、避けられないのかもしれませんが、辛いですね。又、治療の為に用いている医薬品が化学物質という事で活性酸素を発生させる可能性もあるのも驚きです。