リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想
リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想 > 更年期の美肌の作り方 > もしかして更年期?女性ホルモンの減少で出てくる症状とは?

もしかして更年期?女性ホルモンの減少で出てくる症状とは?

Pocket

Pocket

女性であれば避けては通れない更年期、閉経による女性ホルモンの減少で様々な障害が出てきます。

40代後半ぐらいになって症状ががでてきたという話はよく聞きます。
具体的にどのようなものか?更年期に出る症状について紹介します。

 

更年期障害とは?

女性ホルモンの「エストロゲン」は卵巣から分泌されますが、歳と共に機能は衰え、その量は減ってきます。

量が減ると脳は分泌を促す命令を出しますが、衰えた卵巣では十分な量を分泌できません。
命令を出しているのにエストロゲンの量は増えないと、脳は混乱してきます。

この脳の混乱が更年期障害の症状を引き起こす原因、様々な症状となって現れます。

 

更年期の期間は?

日本人女性の平均的な閉経の年齢は50歳、閉経した年から数えて前後5年間、45歳~55歳の約10年が一般的な更年期の期間と言われています。(多少個人差があります。)

 

更年期障害の症状は?

〈体の変化〉

・汗を大量にかく、汗が止まらなくなる。
・顔がのぼせたり火照ったりする。
・めまい、体がふらつく、耳鳴りがする。
・胸が痛む。(乳房の痛みや動悸など)
・疲れやすい、体のだるさが抜けない。
・急に太った、または瘦せた。
・薄毛、抜け毛が増えた。
・頭痛、偏頭痛、頭が重い。
・トイレに頻繫にいく、尿漏れ。
・手足の冷え、体がむくむ。
・乾燥肌になる。
・腰や背中、肩や手足が痛む。

 

〈心の変化〉

・イライラしやすい。
・不眠、眠りが浅い。
・わけもなく不安、憂鬱になる。
・以前に比べて記憶力の衰えを感じる。

症状がひどいようなら病院へ

これらすべての症状が必ず出るわけではありません。中にはあまり症状を感じることなく生活している人もいます。

誰もが経験することなので上手く付き合っていくしかないのですが、症状がひどいようなら無理せず病院で診てもらいましょう。

小見出しおすすめ関連ページ
誰もが来る更年期、乗り切るために必要なこととは?>>>

 

 

女性ホルモンが減ってくるとお肌にどんな影響がある?

 

加齢によって女性ホルモン「エストロゲン」が減ってくると、その影響は肌にも出てきます。
エストロゲンは肌を若々しく保つうえで重要な役割を持っています。

女性ホルモンが減ることで起こる肌への影響をまとめてみました。

 

女性ホルモン「エストロゲン」とは?

妊娠しやすいように子宮内の膜を厚くしたりと、準備をするホルモンです。

女性らしい体を作ります。
肌にいい働きをしてくれるので、美肌を作るうえで欠かせません。

美肌ホルモンとも言われています。

 

肌にいい働きとは?

男性ホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌されるのを抑えてくれます。

コラーゲン作りを促すので、肌のハリや弾力が出て、保水成分(セラミドやヒアルロン酸)の量も増え、潤いのある肌になります。
保湿が行き届いた乾燥知らずの肌は、バリア機能も高く外部の刺激にも抵抗力が強いです。

 

減るとどうなる?

まず、コラーゲンが減ってきます。

肌のハリや弾力が失われ、シワやたるみが出てきます。

コラーゲンは保水成分の保持のための器の役目も持っているので、水分量も減り、肌に潤いがなくなりくすんできます。
水分量が減ると肌は乾燥し、肌のバリア機能も弱まってしまいます。

ニキビや湿疹が出やすくなってしまいます。
このように、ドミノ倒しのように肌トラブルが次から次へと現れます。

 

肌の乾燥は顔だけではない

女性ホルモンによる肌の乾燥は、顔だけではなく体全体に及びます。
視力低下や眼精疲労の原因になるドライアイ(目の乾燥)や口臭や虫歯の原因にもなるドライマウス(口内の乾燥)。

感染症の原因にもなるドライジャイナ(膣の中の粘膜の乾燥)などがあります。

 

更年期は特に注意

女性ホルモン減少の原因は様々ですが、加齢による量の減少は止めようがありません。

40代後半~50代の人の乾燥ケアは、顔だけでなく体全体も行うようにしましょう。