リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想

頬の筋肉をほぐす!口の中から15秒マッサージ

Pocket

Pocket

ほうれい線のできる原因に、たるみが挙げられます。

加齢が進むのに任せていると、頬の肉がどんどん下がり、ほうれい線もくっきりと深くなってしまいます。

ほうれい線対策には、顔の筋肉の弾力を良くすることが重要になります。

今回は小頬骨筋、大頬骨筋の弾力を改善するマッサージを詳しくご紹介します。

 

小頬骨筋、大頬骨筋が「いーっ」瞬でわかる方法

頬骨があるところの下を指で押さえ、「いーっ」と声を出したときに動くのが、小頬骨筋、および大頬骨筋です。

これらが固くなって弾力が失われると、たるみやほうれい線が顕著になります。

小頬骨筋や大頬骨筋は、口角をきゅっと上げるときに使う筋肉です。

これらの筋肉がよく動くと、若々しい表情になります。

逆にこれらの筋肉の動きがいまいちだと、ほうれい線がどんどん深く刻まれ、たるみも目立ち、老け顔になります。

これらの筋肉の使いすぎ(例:作り笑いのような張り付いた笑顔)も、使わなすぎも、老廃物を内部に溜め込む原因になります。

次第に筋肉の弾力がなくなり、顔のハリが維持できなくなります。

固くなってしまった小頬骨筋や大頬骨筋をほぐすことで弾力が戻り、顔の肉のリフトアップでき、ほうれい線も薄くすることができます。

 

 

頬の筋肉を復活させる15秒マッサージ

  1. 口の中に親指を入れます。顔の筋肉のある付近と歯ぐきとの間に入れてください。口の外から人差し指・中指を使って顔の筋肉を指で押さえるように挟みます。
  2. 人差し指・中指を左右に5回動かします。小頬骨筋・大頬骨筋に対して垂直になる線を描くようにしましょう。5回ずつ動かしたら、位置を少しずつずらしていきます。
  3.  マッサージの位置は、6カ所です。いずれも小頬骨筋・大頬骨筋に沿っています。
※左右を3セットずつ行うとよいでしょう。

このマッサージは、口の中に指を入れます。外出先ではちょっとやりにくかも知れませんね。
お風呂に入っているときや歯磨きをするときなど、プライベートな時間に行うといいでしょう♪

参考:http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20100531/107269/?P=1

 

 

まずはむくみをとろう!指を使ってリフトアップマッサージ

 

ほうれい線の解消には、むくみをとることが効果的です。

ここでは、顔のむくみをとるリフトアップマッサージをご紹介します。

 

●ビギナーでも大丈夫!指を使ったリフトアップマッサージ

※事前準備:マッサージクリームを用意してください。使う量は「たっぷり」がおすすめです。顔の全体にまんべんなく塗りこみましょう。
  1. アゴ(唇中央付近)を、息を吐きつつ、両手の中指と薬指を使って、強めに押しましょう。この部分にあるリンパ腺を押すことによって、リンパの流れが改善されます。
  2. 唇の両端を、息を吐きつつ、両手の中指と薬指を使って強めに押しましょう。この部分にもあるリンパ腺を押すことによって流れが改善されます。
  3. アゴ(唇の中央付近)に両手の人差し指・中指・薬指を置きます。唇の端~目じりの下ぐらいまで、指の腹を使って優しく丁寧に滑らせます。
  4. アゴ(唇の中央付近)に両手の人差し指・中指・薬指を置きます。顔の輪郭をなぞるようにして、こめかみまで指の腹で優しく丁寧に滑らせます。
※ちなみに「強めに押す」とは、ピアノを弾く程度の強さだと思ってください。

 

●マッサージクリームについて

指の滑りが悪くなったと感じたら、その都度マッサージクリームを足してください。

手と肌の間に摩擦があると、肌への負担がかかり、かえってほうれい線やシワをひどくしてしまいます。

マッサージ中は肌が乾燥しないように注意しましょう。

マッサージ用に作られたクリームは、滑りも栄養分もベストですが、ない場合は乳液を代用してもかまいません。たっぷり使用することが大切です。

ホホバオイルにアロマオイルを混ぜたものを使用する方もいるようです。

使用の際は、オイルの酸化に注意しましょう。状態が悪くなったオイルの使用は逆効果になります。

使用期限を守り、オイルに適した保管場所に置きましょう。

参考:http://www.ほうれい線を消す化粧品は.com/index_6/

小見出しおすすめ関連ページ
ベロ回し体操でほうれい線を消去!>>>