リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想
リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想 > 保湿 > 度を越すと、足りないのと同じ!?保湿し過ぎにご用心!

度を越すと、足りないのと同じ!?保湿し過ぎにご用心!

Pocket

Pocket

「過ぎたるは及ばざるが如し」って聞いたことありますか?大雑把に言うと、「度を越すと、足りないのと同じだよ」という意味です。
実は肌の保湿についても、この言い回しの原則があてはまります。保湿し過ぎは、保湿不足と同じ効果しか肌にもたらさないんです!

 

過度の保湿=肌への過保護状態を生んでいる

個人差はありますが、加齢に応じて肌の悩みが増えたり深刻になるのはよくあることです。

「どうにかしなきゃ!」と焦って、ろくに自分の肌の状態を吟味することなくスキンケア商品をそろえまくったりしてませんか?

お高い化粧品だから、肌に良い成分がいっぱい入ってるんだと思いこんだり、保湿のためにあれやこれやと揃えて一度のお手入れに何種類もの化粧品を使ったり…。

高いものを使えば大丈夫!何種類も塗っとけばうるおいOK!という考えは、ちょっと安易すぎです。

過度な保湿は、肌本来が持っているバリア機能を低下させます。

肌にはもともと乾燥から守るためのバリア機能が備わっています。ところが、いつもいつも、肌が自らはたらき始める前に先手を打って保湿ケアをしてしまうと、肌は自分で潤おうとしなくなってしまいます。
過剰な保湿ケアを続けていると、肌のバリア機能は上手に作用せず、弱くなってしまうおそれがあるのです。

また、スキンケアをすると、どうしても手で肌に触れないといけません。必要以上の保湿は、「必要以上に肌に手が触れ過ぎ」という事態も招きます。

すると、「触れることが刺激になり、炎症や色素沈着が起こる」、「摩擦が起こり、肌荒れのもとになる」、「化粧品の含有成分が肌に常在する雑菌の栄養になり、異常に増殖して肌トラブルを引き起こす」等、肌には望ましくない状態になってしまいがちです。

 

 

まずは容量を守るところから

化粧品にはたいていの場合、目安の用量が定められています。
まずはこれを遵守しましょう。
もちろん、個人差はあります。肌の様子を慎重に見ながら、自分にとってのその化粧品の適量を見極めましょう。

 

 

早急な判断はやめときましょう

ある化粧品が、自分の肌に合うか合わないのかがはっきり分かるのは、数か月後と思っておいたほうが良いです。

すぐに効果が出た!と思っても、物珍しさからくるただの錯覚かも知れません。

また、反対に、全然効かない!と思っても、肌に負担をかけないよう、ゆっくりと効いている可能性もあります。

数か月は使い続けてから、判断をしましょうね。

 

 

「ちょうどいい」ケアはあなたの肌のキメが知っている!

肌のしっとり感やツヤ・ハリは、合成ポリマーでそれっぽく演出できます(合成ポリマーは、化粧品の大多数に含まれている成分です)。

が!肌のキメだけは誤魔化すことができません。キメの変化の具合を確認するようにしましょう。

自分の肌に良いケアをしていれば、キメは細やかに整います。

最初はわからなくても、キメに注意を払い続けていれば、あなたにとっての程よいケアが分かってきますよ。

小見出しおすすめ関連ページ
その使い方大丈夫?逆効果になるシートマスクの使い方>>>