リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想

意外と多い!?保湿成分いろいろ

Pocket

Pocket

保湿成分は、肌のみずみずしさを維持するために必須の成分です。一口に保湿成分と言っても、多種多様で、それぞれの機能が複雑に絡み合って作用しています。
ざっくり二つに分類すると、角質層で作用する保湿成分と、真皮内で作用する保湿成分があります。

 

角質層で作用する保湿成分

★セラミド
細胞と細胞をを結合するはたらきをします。保湿に不可欠の角質細胞間脂質を形成する成分のうちの1つで、細胞間脂質のおよそ40%はセラミドで占められています。水分を挟み込み保持するのが特徴です。外の湿度が下がってしまっても、水分保持力の持続が可能で、大変素晴らしい保湿成分と言えるでしょう。

★ステアリン酸コレステロール・コレステロールエステル
セラミドのように角質細胞間脂質を形成している成分です。保湿力については、セラミドに劣ります。

★NMF(天然保温因子)
角質細胞の中に存在する保湿成分です。NMFは、およそ20種類の成分(アミノ酸、PCA(ピロリドンカルボン酸)、尿素)などで形成されています。保湿力は、そこまでは強くないですが、サラサラとしていて心地よい使用感が期待できるため、保湿をウリにしている化粧水にかなりの割合で配合されています。尿素は、水分の膜を作って、皮脂と混ざり合ってバリア機能を保っています。

 

真皮で作用する保湿成分

★ヒアルロン酸
細胞間ないし組織間を埋めて、細胞の活動を調整する役割があります。水分保持力は大変素晴らしく、たった1gのヒアルロン酸がおよそ1リットルの水分を保持するといわれています。人間の細胞内にも元から存在している成分ですが、代謝が早いため、加齢とともに徐々に減り、60歳にもなるころには、新生児の頃のおよそ3分の1にまで減ってしまいます。

★コラーゲン
真皮の主成分です。化粧品に保湿成分として配合されているのは、牛や豚などが由来の加水分解コラーゲンと呼ばれるものです。これは、真皮までは浸透しません。大変親水性が高く、一度とらえた水分を逃しにくいという特性があります。コラーゲンの長所のひとつに、アレルギーを起こしにくいということが挙げられます。敏感肌の持ち主も、安心ですね。

★エラスチン
エラスチンは、繊維芽細胞という細胞からつくられています。弾力性を保つために不可欠とも言える、「弾性繊維」を形成している無構造物質のひとつです。
保湿に有効だと言われている成分は、他にもたくさんあります。
どの成分が最も自分に合った有効成分なのかを見極めながら、賢くスキンケアを行いたいものですね♪

小見出しおすすめ関連ページ
コラーゲンを作るのをサポートする美容液、リペアジェルのレビュー>>>