リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想

BBクリームとCCクリーム、似ているようで違うんです。

Pocket

Pocket

BBクリームとCCクリームに関しては、「違いがいまいちわからない。」「どっちを買った方がいいの?」といった声を聞くことがあります。

流行りのアイテムにアンテナ張り巡らしていた独身時代と違って、主婦は自分のことは後回し、今さら聞くに聞けないってことってたくさんありますよね。

ということで、今回はBBクリームとCCクリームの違いについて説明したいと思います。

 

BBクリームとは?

BBクリームの「BB」、一般的な意味は「Blemish(欠点)」「Balm(癒す)」。つまり「気になる部分をカバーする」という意味です。

傷跡や肌のシミ、そばかす、ニキビ跡など肌の悩みを塗って隠す目的で医療目的で作られました。リキッドファンデーションより高いカバー力、例えるならリキッドのコンシーラーといったところです。

BBクリームは「日焼け止め+下地+ファンデーション」、とベースメイクがこれ一つで済みます。カバー力が優れている反面、仕上がりがマットで厚塗り感が出ます。

 

CCクリームとは?

CCクリームは、化粧品メーカーが開発を進めたものです。なので、BBクリームのように名前の由来が定まっていません。「Color(色味を) Conditioning(整える)」、「Color(色味を) Control(コントロールする)」 「Complete(完璧に) Correction(補正)」などメーカーによってさまざまです。

CCクリームは、肌の欠点をカモフラージュするもの、光の反射や人間の目の錯覚などを利用して、自然な美しい肌に見せてくれます。

大体のCCクリームは「下地+コントロールカラー」の働きを持っていますが、最近では、ファンデーションの機能を備えたものも出てきました。BBクリーム程のカバー力はありませんが、ベタ塗り感はなく滑らかです。

CCクリームはこちらの記事でご紹介しましたノーファンデメイクにもご利用頂けます。

 

二つのクリームの違いは?

二つとも肌の欠点をカバーするという意味では、同じクリームといえます。ただ言葉は悪いですが、ごまかし方が違うだけです。BBは欠点を塗って完ぺきに隠してごまかし、CCは光の効果で欠点をぼかしてごまかします。

 

 

BBクリームとCCクリーム、あなたの好みはどっち?

BBクリームとCCクリーム、その特徴から仕上がり具合が違うことが分かりましたね。マット感があるBBにナチュラルなCC、おすすめ度合いをまとめてみました。買うのを迷われている方は参考にして下さい。

 

BBクリーム、おすすめなのはこんな人

  • シミ、そばかす、ニキビ跡、など気になる部分をしっかり隠したいという人。
  • オールインワン派、朝のメイクは時間をかけず、とにかく手早く済ませたい人。
  • しっかりとした仕上がりのメイクが好みな人。
 

メイクポイント

  • コンシーラーの役割が強いものは、ムラなく伸ばしにくいものもあります。そういうときは、ファンデーション用のスポンジなどを使い軽く叩くように馴染ませるときれいに仕上がります。
  • ベタつきが気になるようなら、BBクリーム塗った後、フェイスパウダーで仕上げると肌表面がさらっとします。
 

 

CCクリーム、おすすめなのはこんな人

  • 隠したい大きな肌トラブルは特にない人。
  • 肌のくすみや顔色の悪さを消してトーンアップしたいという人。
  • ナチュラルメイクが好みで仕上がりに素肌感を出したい人。
 

メイクポイント

  • 下地として使うなら、ファンデーションを塗るとキチンとメイクが出来ます。
  • ファンデーションの役割を持っていないものがほとんどなので、CCクリームだけだとほぼすっぴん状態に、肌のきれいなすっぴんの演出が出来ます。
 

 

シーンに合わせて使い分けもOK

それぞれに特徴のあるBBクリームとCCクリーム。どちらか一つだけを選ぶのではなく、シーンや肌の状態に合わせて使い分けるのもいいですね。

 

小見出しおすすめ関連ページ
40代から素肌を整えるならコレ!リペアジェルレビュー>>>