リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想
リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想 > 酸化と糖化 > 肌の糖化を防ぐにはどうしたらよい?毎日の中で出来ること紹介します。

肌の糖化を防ぐにはどうしたらよい?毎日の中で出来ること紹介します。

Pocket

Pocket

糖化が進行すると肌が老化し、くすみやシワなどのエイジングサインが出やすくなってしまいます。
しかし生活習慣を改善するだけで、糖化を予防できます。

では、具体的にどのようなポイントに気をつけたら良いのでしょうか?

 

食生活を改善する

まずは糖質の多い食べ物を避け、糖質の低いの食べ物を積極的に摂ることを心がけましょう。
葉物の野菜やきのこ、海藻などは低糖質の代表的な食材です。

また、食べる順番や食事のタイミングにも気をつけてください。
糖化は血糖値が急激に上昇すると起こりやすくなります。

最初はサラダなど糖質の低いものから食べて、血糖値の上昇を抑えるようにしてください。
食事を抜くのも血糖値の急激な上昇へと繋がります。
食事は決まった時間に、間が空きすぎないようタイミングを考慮しながら摂りましょう。

 

質の良い睡眠を心がける

睡眠不足も糖化を促進する原因です。
糖化により発生した老化物質は、主に睡眠中に処理されます。

睡眠時間が短いということは、それだけ老化物質が蓄積しやすくなるということです。
最低でも毎日6時間は睡眠時間を確保しましょう。

 

日常的に有酸素運動を行う

ゆっくりとしたジョギングやウォーキングを取り入れるだけでも血行が促進され、血中にとどまっている余分な糖質が排出されやすくなります。
特に食事から1時間後は、血糖値が最も上昇する時間帯です。

そのタイミングに合わせて軽い有酸素運動を行うと、摂取した糖分が消費され急激な血糖値の上昇を抑えてくれます。

日常生活にほんの少しの工夫を加えるだけで、糖化対策はできるんですね。

 

小見出しおすすめ関連ページ
やっぱり食事は大事!内側からの保湿力アップで美肌になろう♪>>>

 

 

これは良くてあれはダメ?お肌の糖化を防ぐ食べ物をご紹介します。

糖化は、過剰な糖質を摂取してしまうことより引き起こされます。
糖質を摂ること自体は問題ありませんが、血糖値が急激に上昇してしまうと、処理しきれなかった糖がタンパク質と結びつき糖化が起きやすくなります。

血糖値の上昇を抑えるためには、なるべく糖質の少ない食材を食べるよう心がけてください。
代表的な食材は以下の通りです。

 

・葉物を中心とした野菜やきのこ、海藻

キャベツ、小松菜、ほうれん草などの葉物は糖質がほとんど含まれていないので、積極的に食べましょう。
大根、ナス、ピーマン、トマトも糖質の低い野菜です。

えのき、エリンギ、しいたけなどのキノコ類は糖質が低いだけでなく、食物繊維も豊富に含まれています。
昆布、海苔、かんてん、もずく、ところてんなどの海藻を加工した食材も、ほぼ糖質を含みません。

・大豆製品やナッツ

油揚げ、豆腐、おから、納豆などの大豆製品は糖質が低いうえに、イソフラボンや植物性タンパク質など美容に良い栄養素を豊富に含むおすすめの食材です。
ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類も糖質が低く、上質な油やアミノ酸を豊富に含みます。

 

・乳製品

バター、チーズ、プレーンヨーグルトなどの乳製品は高タンパクで糖質をほとんど含まない食材です。
ただし砂糖を使ったヨーグルトや牛乳は糖質を多く含むので注意してください。

 

逆に、以下に挙げる食材は糖質が高く、血糖値を急激に上昇させてしまうおそれがあるので、なるべく控えましょう。

 

・根菜類

じゃがいも、にんじん、とうもろこし、じゃがいも、里いも、山いもなどの根菜類は糖質を多く含みます。

 

・穀物や豆類

食パン、フランスパン、ロールパン、白米、もち、うどん、そうめんなどの穀物を原料とする食材は基本的に糖質が多いので避けてください。
小豆やソラ豆も糖質の多い食材ですが、例外として大豆製品は糖質が低い傾向にあります。

 

・砂糖を使った食品

お菓子や菓子パン、総菜パンはもちろん、清涼飲料水も多くの糖質を含みます。