リペアジェルを18日間使った44歳主婦の驚愕のビフォーアフター

たるみ易い顔の形ってマジ!?

Pocket

Pocket

顔のたるみは顔型でも違っていて、たるみ易い顔の形があるって、実はウソみたいな本当の話なんです。

そもそも顔のたるみは、顔が重力に逆らえずに下がってきて、顔の形が変わるって事ですよね。それが顔型で変わってくることが実際にあるんです。一体、どんな顔が特にたるみ易いかチェックしてみましょう。それは

 

● 丸  顔 ●

ハリがあって、ふっくらと愛らしい印象で、頬の辺りから顎までのラインが丸いタイプで女性らしさが前面に出ています。
プックリとした頬の筋肉が災いして、脂肪を支えきれなくなり、落ちてきて、たるみ易いという傾向があります。特に頬と顎の筋肉の衰えが目立つので、頬がたるむ、所謂ブルドック顔や二重顎に陥る危険性が最も高いタイプです。

 

● 面  長 ●

頬や顎といった、それぞれの部分よりも、お顔の長さが目立つタイプです。
全体的にたるみが目立ち易く、特に頬や顎が危険ゾーンと言えましょう。
縦方向に長いのが災いして、重力に従って下向きに引っ張られるので、顔全体がたるみ易い傾向にあります。太ると首の周りに脂肪がついてしまい、二重顎になり易いタイプです。

 

そう言っても、他の顔型も加齢と共に、たるんでくるのは同じで、他の顔型と特長もチェックしてみましょう。

● 卵  型 ●

顔の幅と、眉から口までの長さが1対1で、顎も丸いラインの所謂、理想的な美形の典型の  顔型ですが、面長程ではなくても、全体的には縦に長いので、下に引っ張られる傾向が有ります。従って、矢張り顔全体がたるみ易いと言えます。この顔型では、目の周りの老化の兆候も出易いという点でも注意が必要です。

 

● 四角型  ●

シッカリとエラが張っている、どちらかと言うと個性的な顔立ちの四角顔は、顎先も平たく、他の顔型と比べると、たるみにくいと言えますが、顎やエラが張っているので、口元に負担が掛かって、シワが出来易く、若いうちから、首に横シワが出来易いのも特徴です。

 

● 逆三角型 ●

頬骨が横に張り出していますが、脂肪も筋肉も少なくて、シャープな顎が特長で、その為、スッキリとした小顔に見える為、他の人から羨ましがられますが、顎が細いので、頬がたるんでしまうと、口角も一緒に垂れて、唇が「への字」の不満顔になってしまいます。

 

このように、顔型で、シワやたるみの傾向が違ってきます。
お顔の観察のプロとも言える写真屋さんに言わせれば、人の顔が最も老けて見える原因は、たるみだそうで、たるむことによって顔の輪郭が下がるから、老けて見えるそうなので、少しでも若々しい外見をキープする、或いは取り戻す為にも、夫々の顔型に合ったケアをしましょう。