リペアジェルを18日間使った44歳主婦の驚愕のビフォーアフター
リペアジェルを18日間使った44歳主婦の驚愕のビフォーアフター > 役立つ100均情報 > 究極のプチプラ「100均化粧水」、これが意外と使えます

究極のプチプラ「100均化粧水」、これが意外と使えます

Pocket

Pocket

いろんな物が売っていて、みるのが楽しい100円ショップ。スキンケア用品も多数揃っています。
でも、100円均一の化粧水って、安かろう悪かろうで効果に疑問を持っている方が多いんですよね。
「効果の高い化粧水は価格も高い。」というイメージが刷り込まれているからなんでしょうね。

実を言うと、100均化粧水はドラックストアなどで売っている1,000円ぐらいの化粧水とほとんど差はないんです。
びっくりしましたか?なぜそう言い切れるのか、価格に差が出るのかを説明したいと思います。

 

【化粧水は、ほとんど水】

やろうとすれば安くで作れる化粧品、その中で最も安価で作れるのが化粧水です。
ネットで検索すると、手作り化粧水の作り方はすぐ出てきます。材料は水(精製水)+グリセリン、容器代をのぞくと、、500mlの化粧水が100円程度で作れます。

なので、大量生産すればもっと原価も抑えれます。肌の保湿が目的だけの化粧水なら、価格100円の化粧水も十分可能なんです。あまりにも安いので、肌に悪い物が入っているのでは?と思われがちですが、余計なものを入れて作成手順を増やせばそれだけ商品コスト上がります。なので、100円の化粧水は極めてシンプル、最低限の成分のみで作られたものが多く、逆に肌のトラブルが起きにくいとされています。

 

【価格の差その1、美容成分の配合量】

安い化粧水でも、少しは含まれている美容成分。価格が3000円以上するような高価な化粧水にはもちろんたっぷりと入っていて、その配合量の差が価格の差の1つになっています。

 

【価格の差その2、広告料】

高価な化粧水が価格の高いのが分かりましたが、ではプチプラと呼ばれる1000円前後の化粧水は?
こちらの美容成分の配合量は100均のものと差はありません。にもかかわらず価格に差が出てしまうのは広告料の差です。どの化粧品メーカーも化粧品の開発には多額の資金をかけていますし、それは宣伝費も同じです。
もし、ダイソーが販売している化粧水のCMを作っていたら100均では売れないでしょう。(広告料がかかって利益がないからです。)

 

【保湿だけなら100均スキンケアが1番】

・保湿が出来れば問題なし。
・化粧水はさっぱりしたものがいい。
・自分の肌に合っている。

こんな方は、100均の化粧水でも十分問題なし。購入するなら、成分表を見て美容成分が多く入っているものがお得と言えますね。100均だからコスパを気にせずたっぷりと使えますし。

 

【100均別おすすめ化粧水】

1.キャンドゥ「若肌物語 豆乳シリーズ」

無香料・無着色・弱酸性が売りの化粧水。安心して使えると評判です。

2.ダイソー「酒しずく」

成分は水とお酒と防腐剤ぐらいしか入っていませんが、肌がさらさらになると評判です。
夏専用で使っている、四季問わず化粧水はこれ、と人気の高いスキンケアです。

3.セリア「絹肌物語」

人気の成分、豆乳イソフラボンが含まれており、無香料、無着色、弱酸性で肌の弱い人でも使えます。
安心の日本製、量もたっぷり170ml、豆乳イソフラボンの効果で肌がもちもちになると人気を集めています。

 

【合えば最高、100均化粧水】

100均の化粧水でも、自分の合えばとてもいい商品です。
お店には、おすすめ化粧品以外にもまだまだいろんな種類の化粧水があります。いろいろ試して自分に合う1本を探してみるのもいいですね。