リペアジェルを18日間使った44歳主婦の驚愕のビフォーアフター

誰もが来る更年期、乗り切るために必要なことは?

Pocket

Pocket

誰にも訪れる「更年期」、なってみないとわからないとはいえ、どんな症状が出るか不安ですよね。
そんな不安を解消し、乗り切るために更年期の過ごし方の情報を紹介したいと思います。

 

【更年期の時期と症状】

女性の場合、一般的に更年期とは閉経前後の45歳~55歳くらいの時期のことをいいます。
症状としては、ほてりやめまい、倦怠感やイライラ、発汗や手足のしびれなどがよく聞かれます。中には忘れっぽくなる、集中力や意欲が低下するといった今している仕事に影響を及ぼす症状もあります。
症状の出方もいろいろ、生理痛と同じように症状をほとんど感じないという人もいれば、日常生活を送るのが難しいほど重い症状の人もいます。

 

【更年期の時期の特徴】

更年期の時期は、子どもの成人や独立、親の介護、責任ある立場への仕事の昇進、夫との関係の変化など、生活環境に変化がみられる時期です。このような環境の変化によるストレスに加えて、更年期にはエストロゲンという女性ホルモンが急激に減少する時期と重なります。自律神経のバランスが崩れやすいので、更年期の対応が上手くできずストレスを溜めてしまうと、「更年期うつ」発症の原因にもなってしまいます。

 

【更年期障害の対策と過ごし方】

1.病院の診察を受ける
生活や仕事に影響がでるほど症状が重い場合は、迷わず婦人科や産婦人科を受診しましょう。
ホルモン補充療法やその他の薬を処方してもらえます。
2.リラックスできる環境を作る
普段でも家事、仕事、育児と大変な仕事をこなしています。更年期の症状がでているときまでキッチリこなそうとは思わないでください。できなくて当たり前だと思ってください。自分が頑張れば大丈夫、などといった考えは捨て、体調が悪いと感じたらキチンと休みましょう。
3.趣味を楽しむ
更年期障害にストレスは大敵です。ストレス解消になるような、心から楽しむことのできる趣味を、なにか1つ見つけましょう。
4.つらいときには相談する
心や体がつらいとき、我慢をせずに気持ちを打ち明けましょう。近くに相談できる人がいると、心に余裕が生まれます。
「信頼できる人に自分の正直な気持ちを伝えて、受け止めてもらえること。」、これが何よりの心理療法です。
周りに相談できる人がいないときには、心療内科で専門家によるカウンセリングを受けるといいでしょう。
話を聞いてもらうだけでも、心が落ち着きます。

 

【更年期の肌のお手入れ】

更年期が心と体の不安定な時期ということは、前に話した通りです。肌の状態もいつもに増して不安定です。
そんなときに過剰なスキンケアはかえって逆効果です。症状が落ち着くまで、乾燥肌対策に肌の保湿のみ、しっかりとしておきましょう。

更年期障害は、症状の差はあれ女性なら誰にでも起こるものです。あまり神経質にならず、自分に合った対策で更年期を上手に乗り切りましょう。