リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想
リペアジェルお得通販情報を発見!買った44歳主婦の写真付き感想 > 40代からのベースメイク > 一緒と思われがちなBBクリームとCCクリームは全く別物です!

一緒と思われがちなBBクリームとCCクリームは全く別物です!

Pocket

Pocket

いつの頃からか、先ずBBクリームが出始めて、それから暫くして今度はCCクリームも出て、、、

先に出たBBクリームはオールインワンのファンデーションという認識でしたが、その後から出たCCクリームは何かと尋ねられてもハッキリとは答えられませんでした。

 

BBクリームもCCクリームも同じようなモノじゃないのかしらと適当に考えて、特に説明も読まずに、同じ扱いで使っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

 

実はBBクリームとCCクリームは全く別物でした。では、その違いとは?

結論から申し上げましょう。BBクリームはシッカリとカバーする為のオールインワン・ファンデーションで、CCクリームはメーカーによって多少違うようですが、大半は、コントロールカラーの要素をプラスしたオールインワン化粧下地クリームです。

もう少し詳しく、ご説明しましょう。

 

●BBクリーム

BBとはBlemish(気になる部分)Balm(保護)の略で、気になる部分を保護するクリームという意味です。

元々、美容施術をした後の肌の炎症を抑えつつ、紫外線を防止して、傷跡をカバーするのを目的にドイツの皮膚科医が開発した医療用特製ファンデです。

 

それだけに、肌の欠点をカバーする事に特化されているので、オールインワン・ファンデーションにコンシーラーの要素まで足したようなクリームです。

仕上がりは、かなりシッカリとした感じで、濃い印象があります。

 

●CCクリーム

CCにはColor(色)を Control(調整する)という説やColor(色)をConditioning(整える)という説等があります。

いずれにしても、大半はコントロールカラーの要素のあるオールインワンタイプの化粧下地クリームです。

 

但し、中にはこれ一本でファンデーションも兼ねた、メイクが出来てしまうモノも出ていますが、通常はファンデーションの要素は入っておらず、素肌の色味を補正メイクすることで自然な仕上がりやナチュラルな素肌感を演出する役目を果たします。

 

CCクリームは前のページでご紹介しましたノーファンデメイクにもご利用頂けます。

 

 

BBクリーム、CCクリーム、それぞれをおすすめしたい方とは?

 

さて、BBクリームとCCクリームの違いが分かったところで、それぞれのクリームがどういう方々に向いているのかという事をご説明したいと思います。

 

●BBクリームをおすすめしたい方

先程のページで、BBクリームはシッカリとカバーする為のオールインワン・ファンデーションと申し上げましたように、シミ、ソバカスや赤み等をシッカリとカバーしますが、仕上がりは、どうしても濃い感じになりがちです。

それ程、シッカリとしたメイクになるので、キチンとした感じの仕上がりの方が良いという方、コンシーラーを使ったかのように、シッカリと気になる部分的な肌悩み、例えばシミ、ソバカスや赤み、ニキビ跡等をカバーしたい方におすすめします。

何しろ美容施術後の炎症を抑えて隠す為にという目的で開発された製品ですから、カバー力は非常にシッカリとしています。

 

●CCクリームをおすすめしたい方

CCクリームは微妙な色補正に使われるコントロールカラーがメインの働きなので、その働きによって、肌のシミや赤みなどを目立たなくします。それも自然な質感を残したままで、美しく見せる効果があります。

潤い補給の効果が大きく、色補正効果がプラスされたスキンケアクリームです。

あくまでも下地クリームではありますが、だからノーファンデメイクにチャレンジなさりたい方々にご利用頂けます。素肌感のある仕上がりを目指せます。

又、コントロールカラーの機能を活かせますので、乾燥によるくすみや肌色の悪さを気になさっていらっしゃる方に最適です。

 

ファンデーションを使わずに、肌をきれいに見せたい方、薄化粧の仕上がりや、軽い付け心地をご希望の方におすすめします。

勿論、本来の下地クリームとしてのご利用が先ずあるワケで、オールインワンのコントロールカラーを含む高機能な下地クリームを探していらっしゃる方にも断然おすすめします。